23歳 子宮筋腫 初めての手術までの記録

子宮筋腫の発覚から手術まで、自分の記録としてブログ始めました。腹腔鏡補助下手術です!宜しくお願い致します(>_<)

#子宮筋腫 #20代前半 #手術 #腹腔鏡 #開腹 #子宮頸がん #婦人病 #婦人科 #腹腔鏡補助下 #子宮内膜症

☆MRI検査結果…


今日は、先週やったMRIの検査結果を聞きに病院へ。


11:00に予約とってはいたけれど、12:00に呼ばれました。
まあ大きい病院だと待ち時間はどうしようも無いけれど
待っている間も不安だし出来たら1人では行きたくない(ヾノ・∀・`)
最近チキンに磨きかかってるし。母が毎回ついてきてくれてる感謝。今日は父も。


そして検査結果。。
先生の第一声が、「子宮筋腫の話は1回置いといて…」
もうこの時青ざめたよ(´;ω;`)

先生(以下S)「がん検診に引っかかりまして、手術の件と2点お話があります。
私「えっ(ガン!?)」
S「検診結果が子宮頸がんの陽性で、軽度扁平上皮内病変 LSIL(読み方;ローシルやエルシルなど)
との結果がでたので、いまから内診台にあがってもらって細胞とって、再度検査となります。」
私・母「その細胞の検査をして、もしダメだったら、どうなるんですか?」
S「子宮の入口を取る手術をしなければなりません」


…。


※子宮頸がんとは
子宮は、女性にしかない特別な臓器のひとつです。この子宮の入り口付近、「子宮頸部(しきゅうけいぶ)」にできるがんを、「子宮頸がん(しきゅうけいがん)」といいます。 子宮頸がんになった場合、子宮や子宮のまわりの臓器を摘出しなければならなくなることがあります。たとえ妊娠や出産を望まない女性であっても、後遺症が残り仕事や生活に影響するなど失うものは多大です。また、がんがもっと進行した場合、生命そのものに対して重大な影響を及ぼすおそれがあります。


そんな感じで、話は進められた。゚(゚´Д`゚)゚。


まとめると、MRIの結果で、子宮筋腫は10センチ。
3~4回、ホルモン注射で筋腫を小さくした後に、腹腔鏡手術が可能との事。

ただし、副作用が辛いらしく、ホットフラッシュ・偏頭痛・更年期障害・だるさetc…
私もいろいろな人のブログを拝見したけど皆さん辛そう。2週間続く人もいたみたいだし。。
そして、今日新たに解ったのが、子宮頸がんの可能性があって、今回の細胞の結果でも陽性が
出た場合、精密検査→子宮の入口を切る!!!!!との事。゚(゚´Д`゚)゚。

精神的に参ってきたわ(;_;)ほんと

先生との話の後、細胞をとられた。
結構痛い;
なんで私がこんな目に。。。。。。。。。。。

で、お会計をして(5800円)
帰宅。

気晴らしにチョコの散歩行ってきた。

(´・ω・`)…。

今後の流れが変わってきた
①30日(月)細胞の結果→陽性→精密検査→1ヶ月後に入院、子宮頸部切る手術
→退院→ホルモン注射を月に1回→夏以降、腹腔鏡にて子宮筋腫の手術

②30日(月)細胞の結果→陰性→ホルモン注射を月に1回→夏以降、腹腔鏡にて子宮筋腫の手術

②だけで相当ビビってたのに①の可能性もあるだなんて怖すぎる!

でも何もしなかったら悪化してって人生終わるから頑張るしかない(;_;)

とりあえず、30日まで結果は出ないわけだし
明後日18日は1年記念だし木更津まで行ってくる~。鴨川シーワールド連れてって貰う
約束した!

これ見てる人はほんとに1度、がん検診や内診をしに産婦人科へ行ってほしい。
まあー、私の一声じゃどうにもならないかな?


てかチョコに今日の報告したらこんな顔してた





うん、空気読んだ対応ありがとうw



ってことで3月30日(月)また更新します!



ランキング参加してます↓出来れば行ってみてください。




子宮筋腫 ブログランキングへ


にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。